「怪談」は、亡くなった人への鎮魂や慰霊、供養への思いを込めた文芸です。お盆を前にした夏の夜、被災地で...">

朗読〈みちのく怪談〉の夕べ

「怪談」は、亡くなった人への鎮魂や慰霊、供養への思いを込めた文芸です。お盆を前にした夏の夜、被災地で語られているちょっと不思議な話や怪談話に耳を傾けてみませんか。
≪要申込/76日(木)より受付≫

〇入場料:500円(1ドリンク付き)
〇定員:50名(先着順、7/6より受付)

〇司会進行:
黒木あるじ(作家)、杉尾宗紀(NHK仙台ラジオパーソナリティー)、土方正志(荒蝦夷)

〇朗読:
石垣のりこ(Date fm)、菊池佳南(コマイぬ)、香坂あかね(フリーアナウンサー)、芝原弘(コマイぬ)

〇ゲスト:
郷内心瞳(作家)、須藤文音(作家)

〇企画制作:
有限会社荒蝦夷

 

〈申込方法〉
下記電話またはメールにてご参加される方のお名前、電話番号をお知らせください。
電話:022-390-902210-17時)
メール:office@sendai311-memorial.jp

 *この企画は企画展「みんなでつくるここの地図」の関連イベントとして開催されます。