開催予定

企画展「みんなでつくるここの地図」

東日本大震災から7回目の夏を迎える仙台市東部沿岸地域。防潮堤や道路、津波避難施設が新たに建設され、農地の復活と自然本来の蘇生も相まって、人工物と自然が共存するエリアとなっています。住んでいる人、離れている人に関わらず、地域住民の皆さんの活動も目に見えるようになってきました。暮らしが整ってきた証です。小さいながらも個性的な活動が、この地域には蠢いているように感じます。

本展では、仙台市東部沿岸地域に点在する集落について、これまでの歴史や目に見える風景、住民の方々が語った言葉など、それぞれの地域の文脈に触れるためのヒントを展示していきます。あわせて、参加者の皆さんとともにメモリアル交流館の外へと出掛けてさまざまな活動に触れつつ思い出と記録を重ね、展示に新たな情報を加えながら仙台市東部沿岸地域の情報をより豊かに伝えていきたいと考えています。
展示会場には、若林区荒浜出身のミュージシャン・佐藤那美さんが仙台市東部沿岸地域の音を集めて制作した音楽が流れます。変化の激しいこの地域には今しか見られない光景があるように、今しか聞こえない音もまた存在することに気づくかもしれません。
会期最終週(10月20日(金)・21日(土)・22日(日))には、イラストレーター・佐藤ジュンコさんによって『仙台沿岸イラストマップ』に新たな場面を描き加えていただく予定です。

私たちの足元に深く眠る記憶、目には見えない暮らしの姿、この季節だからこそ出会える風土に触れてみませんか。ご参加をお待ちしています。

(広報チラシ)みんなでつくるここの地図

————————————————–
日時:2017年7月11日(火)-10月22日(日) 10-17時
会場:せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室
入場無料
休館日:毎週月曜日、祝日の翌日(土・日・祝日を除く)
————————————————–

≪参加アーティスト≫
佐藤那美(ミュージシャン)
1990年生まれ。宮城県仙台市荒浜で育つ。震災を機に音楽制作をはじめる。2011年、七尾旅人主催の東日本大震災義援金募集プロジェクト DIY HEARTSにてミニアルバム「in spring at the north wasteland」を発表。 2013年、アルバム「ARAHAMA callings」を配信リリース。 2016年3月11日には一昨年と昨年に引き続き、自身の母校である荒浜小学校でHUNGER(GAGLE)、會田茂一、恒岡章(Hi-STANDARD)、KGMらと「HOPE FOR project」にてライブセッション。ピアノを中心に楽器を全て1人で演奏するスタイルで、東北での音楽制作を続けている。

佐藤ジュンコ(イラストレーター)
1978年、福島県伊達郡霊山町(現・伊達市)生まれ。仙台市在住。2014年まで仙台の書店に勤務。2015年からイラストレーターになる。著書に『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』(ミシマ社)、『月刊佐藤純子』(筑摩書房)、『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』(ポプラ社)がある。河北新報夕刊に「街で会いましょう」連載中。