パネル展『世界がすこやかであるために~東日本大震災と保健活動』

 

東日本大震災時、現場で奔走した専門職の一つに「保健師」があります。

このパネル展は、令和2年2月22日から9月13日まで当館で開催した企画展『世界がすこやかであるために~東日本大震災と保健活動~』(仙台市保健師の方々の協力で、震災当時の活動の記録や、保健師へのアンケート、インタビューをもとに制作)の展示内容を再構成したものです。

 


■期間   令和6年2月17日(土)~3月17日(日)

■場所   せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室 

■内容

(1)パネル『世界がすこやかであるために~東日本大震災と保健活動』

発災直後から復興期までのフェーズ(段階)毎に、当時の保健活動内容

を写真や保健師の言葉で構成したパネル等全14枚

(2)資料・データパネル 9枚

(3)インタビュー映像(4名の保健師へのインタビューで構成)

※(1)=令和2年開催の企画展の内容を再構成してパネルにしたもの

※(2)(3)=令和2年開催の企画展で制作したもの

 

内容構成・映像ディレクション/谷津智里

ビジュアルデザイン/SkyStar.LLC

イラスト/古山拓

映像/さとうたいち

開催中